読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

私がうつ病の治療費の足しにやってみたこと

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

今日はちょっと一息。

 

心療内科にかかるにも、漢方治療を受けるにもお金がかかりますよね。

うつの治療中は仕事をしていない人も多いのではないでしょうか。

 

私は専業主婦でうつ病になったので、収入は全くありませんでした。

 

買い物依存症で貯金を使い果たした私は、夫の収入に頼って治療をしてることにとても心苦しさを感じていました。

 

感じながらも何もできませんでしたが…。

 

だいぶ回復してきたころ、

「今あるもので何かできないか?」

「できれば収入に結びつくことはできないか?」

と考えるようになりました。

 

ハンドメイドでバッグや小物を作ってイベントに参加したり、インターネットの販売サイトで売ってみたりしました。

 

でも、作るのが大変だし、作り上げるまで気力が続かない。

作ったとしても、希望の価格で売れるとは限らないし、ずっと作り続けられる気がしませんでした。

 

気が付くと周りには買いためた手芸用品の山

 

ハンドメイドのイベントで、主催者の方に

「資材を売ってみたら?」

と言われたのをきっかけに、手元の資材を販売することにしました。

 

このイベントは、納品と撤収のみ自分でやって、販売や店番はすべて委託でやっていただけたので、私は家で待っているだけで良かったのもやってみるきっかけになりました。

 

最初は儲けなど考えず、手元の手芸材料たちが、必要としてくれる人のもとへ行ってくれれば、という思いでかなり値段を安く付けて大量に販売しました。

 

すると、値段が安いのが目を引いたのか、ほとんど完売

 

2日間のイベントで、手数料を引いて手元には7万円という大金が入ってきました。

 

 

これにびっくりした私は、意外と需要があるのかもしれないと思い、手元にある手芸用品たちを計画的に販売していくことにしました。

 

今までの売り上げはトータルで30万円ほどになりました。

 

今でも販売は続けていて、1か月で少なくて5000円~1万円、多いときは1か月で3万~5万円の売り上げを上げています。

1番多いときは7万円売り上げたこともありました。

 

最初は元手が回収できればいいと思って始めましたが、

今では少しでも売り上げがあったほうが嬉しいので、リサーチをして、たまに仕入れをしながら販売しています。

 

治療を続けるにはお金が必要です。

でも、潤沢にお金があって治療できている人ばかりではないと思います。

 

もし、治療の助けになるお金を、無理なく手に入れることができたら、いいと思いませんか?

 

興味がおありの方には、方法をお教えしたいと思っています。

 

自己流なので、「誰でもぜったい儲かる!」といった類のものではありません。

でも、治療費の足しくらいにはなります。

 

よかったらコメントおよせください。

お待ちしています。