読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

漢方では「五味」という見方があります

漢方とは 豆知識

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

私たちは普段、いろいろなものを口にしますね。

甘いもの、辛いもの、酸っぱいものなどなど…。

 

漢方では、それらを5つの味に分けて考えます。

それを「五味(ごみ)」と言います。

 

今日は五味について簡単にご紹介したいと思います。

 

普段食事などで口にする食材や、漢方治療に使われる生薬などは、5つの味に分類されます。

 

それは、

・酸(さん)

・苦(く)

・甘(かん)

・辛(しん)

・鹹(かん)

です。

 

漢方には「五臓」という考え方があります。

前回の記事を参照ください。

 

五臓を養う五味を、過不足なくとることで、体のバランスを整えるのです。

 

例えば、おかゆに梅干しを入れて食べる方は多いと思います。

私もよく食べます。

これは、梅干しの酸の力を借りて、体内に栄養をとどめ、下痢を止める効果があります。

 

五味の働きと食材

 

・酸(さん)

➡特徴:自律神経をコントロールする、多汗や下痢の改善

➡食材:酢、梅、レモン、みかん、ゆず、いちご、ヨーグルトなど

 

・苦(く)

➡特徴:鎮静や消炎作用、循環器の促進、イライラを静める、高血圧の改善

➡食材:パセリ、ピーマン、きゅうり、緑茶、ゴーヤ、ふきのとうなど

 

・甘(かん)

➡特徴:滋養強壮、疲労の緩和、虚弱体質の改善、胃腸の働きを改善

➡食材:牛肉、鶏肉、かぼちゃ、ニンジン、しめじ、山芋、なつめなど

 

・辛(しん)

➡特徴:気や血の巡りを促進、発汗作用、身体を温めて寒気を緩和する

➡食材:ねぎ、キムチ、しそ、にら、わさび、にんにく、シナモンなど

 

・鹹(かん)

➡特徴:新陳代謝やホルモンの活性化、不妊症、子宮筋腫、便秘の改善

➡食材:うなぎ、ハマグリ、牡蠣、いか、わかめ、味噌、醤油など

 

毎日の食生活に上手にこれらを取り入れることで、体の調子を整えることができます。

でも、あくまでバランスが大切。

症状に合うからと言っても、1つのものを摂りすぎるのは禁物です。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありますか?

私の経験でお役に立てるなら、お話しできればと思っています。


お気軽にメッセージお寄せください^^