読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病は誤解されやすい病気です

うつ病の症状 豆知識

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

うつ病になりやすい人、なりにくい人がいます。

 

現代はストレスも多く、うつ病になる人は増え続けているそうです。

 

では、どんな人がうつ病になりやすいのでしょうか。

 

生真面目で、責任感が強く、頑張り屋のタイプの人は、自分にストレスがかかっている自覚がないことがあります。

 

このことが、うつ病を引き起こすのです。

 

たとえ不調を抱えていたとしても、他の人には知られまいとして無理を重ね、食事をとらずに仕事に打ち込んだりしてしまうのです。

 

私もまさにこのタイプでした。

 

結果、

 

・疲労感が強く、頭も体も思うように動かない

➡簡単な作業でも時間がかかるようになってしまう。

 

・集中力が低下してしまう

➡ミスが目立つようになる

 

・強い不安感や焦りにとらわれてじっとしていられなくなる

➡イライラ、セカセカしているように見えてしまう

 

こんな誤解を周囲に与えてしまいます。

 

うつ病になってもそれに気づくことができず、慢性化してしまうケースも少なくないと言います。

軽いうちに治療を始めれば、早く治る病気です。

 

こんな症状に気づいたら、できるだけ早く病院にかかるようにしましょう。

最初は内科でもいいと思います。

私も、内科で向精神薬を処方されたことがあります。

 

自分の状態をきちんと話すことで、よりあなたにふさわしい病院を紹介してくれるかもしれません。

 

目先の症状にとらわれることなく、いつもの自分と違うと感じたら、早めに誰かに相談するようにしてくださいね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^