読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病の人にかける言葉①

うつ病の人への接し方 豆知識

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

よく、うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけないといいます。

これは本当のことです。

 

今回は、うつ病の人にかけてもいい言葉、かけてはいけない言葉をご紹介します。

 

落ち込んでいる人を見ると、

「元気を出して」

「がんばって」

と、言いたくなりますよね。

 

でも、うつの人にとって、この言葉は苦痛です。

 

これまで頑張ってきたんです。

これ以上頑張れないところまで頑張ってきたんです。

もう頑張る力は残っていないんです。

 

うつ病は、そんな人がかかる心の病気です。

 

「がんばって」「元気を出して」などの励ましの言葉や、

「そんなことでどうする」「怠けているだけじゃないのか」と責めたりする言葉、

「早く元気になって」「いつになったら治るの?」といった、回復をせかすような言葉は、患者を追い詰めてしまいます。

 

しかも、焦燥感と不安感にさいなまれ、自分を責めて、自分を消してしまおうとすることも簡単に選ぼうとしてしまう、不安定な状態です。

 

どんな言葉をかけたらいいのでしょう?

どんな言葉をかけたらいけないのでしょう?

 

次回、具体的にお伝えしたいと思います。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^