読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病は身体にも症状が現れます

うつ病の症状 豆知識

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

うつ病は、心だけでなく身体にも影響を及ぼします。

 

うつ病に伴う主な症状は

・頭痛、頭が重たく感じる

・首や肩がこる

・胸が痛い

・食欲がなく、何を食べても味がしない

・お通じがいつもと違う(便秘や下痢を繰り返すなど)

・よく眠れない(または眠りすぎてしまう)

・めまいがする

・耳鳴りがする(幻聴が聞こえる)

・目が疲れる

・口が乾く

・手足がしびれる

・汗をかく

・性欲が低下する

などがあります。

 

これらの症状がいくつも重なって出てきたり、次から次へと移り変わるように出てくることもあります。

 

こういった症状に悩んで、内科等を受診しても、体の異常はみつかりません。

心から来ていることに先生が気づいてくれれば、心療内科をすすめてくれるかもしれません。

 

・疲労感や倦怠感がひどく、検査をしても異常がみつからない。

・体重が減ってしまったが、医師から異常はないと言われた。

・いろいろな診療科を受診したが、原因がわからない

・薬を処方されたが、効き目がない

 

などの状態があるなら、それは心が原因かもしれません。

すぐに心療内科にかかることをおすすめします。

 

私も体重が2ヶ月で10kg落ちたとき、健康診断を受けました。

でも結果は、「体重が標準よりずいぶん下ですが、異常はありません」と言われ、体重減少の原因がわかることを期待して健康診断を受けたのに、がっかりしたことがあります。

 

あなたはひどく疲れています。

疲れていることに気づけないほど疲れてしまって、身体が悲鳴を上げているのです。

早く助けてあげましょう。

あなた自身を。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今年のブログはこれが最後になります。

 

今日のこの1日があなたにとって少しで良い日になりますように。

 

来年もうつについて、漢方について、私が学んだことをお伝えしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

良い年をお迎えください。