読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

心と体はつながっています

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

このブログは、うつ病を患った私が、西洋医学のお薬と東洋医学の漢方を使って、リバウンドすることなく断薬に成功した経験をもとに、同じ病に悩んでいる人たちのお役に立てればと思いながら書いています。

 

f:id:yukimisou:20170227092916j:plain

 

今日は心と体の関係について。

「病は気から」という言葉があるように、気持ちの持ち方1つで、体調が変化することがあります。

 

精神的に安定している人と、不安定な人を比べてみると、同じ刺激であっても受け取り方が違います。

 

たとえば痛みなら、心が不安定な人のほうがより多くの鎮痛剤が必要になるのです。

 

悩み事や心配事があったり、ショックを受ける出来事があったり、大きな失敗をしてしまったりすると、落ち込みますよね。

 

そんなとき

・もう立ち直れないかもしれない

・ずっとこのままなのかも

・もっと悪くなるかも

・いつまでこの状態が続くんだろう

 

そう強く思い込んでしまうと、逆に周りの人に対して無性に腹が立ったり、イライラをぶつけてしまうこともあります。

 

「自分はこんなに悩んでいるのに、あなた(たち)はいいわね、幸せそうで!」

 

そんなふうに思ってしまうのです。

 

心が乱れている状態ですね。

 

心が乱れると体にも症状が現れてきます・

・食欲がなくなる

・意欲が低下する

・眠れなくなる

・便秘や下痢になる

・動悸がする

 

ストレスは適度には必要なものです。

でも、抱えきれないストレスは心と体の不調を引き起こします。

 

ストレスが原因ともいわれるうつ病になってしまうと、体は自分を守ろうとして、全身を緊張状態に保とうとします。

 

そのために、眠れなくなったり、ドキドキしたりするんですね。

いつもその状態でいると、次第に全身の様々な機能に支障が出てくるようになります。

 

治療は、心の面だけ治療してもダメ、体だけ治療してもダメ。

 

両方のバランスをみて総合的に治療することが回復の近道なのです。

 

逆に、体が元気になればやる気も満ちてきますし、心が健康な状態に近づいていけば、おなかもすいてくるでしょう。

 

私は前者でした。

まずは体を元気にして、心をそこに引っ張ってくるような感じで治療をしました。

すると、うまく引っ張られてくれて、気持ちが上向きになり、断薬に成功したのです。

 

体調が悪いからと、サプリや市販薬に頼っていませんか?

体の症状だけで病院に行って、なかなか治らないということはありませんか?

 

そんな時は、自分の心とじっくり向き合う時間を作ってみて下さい。

 

きっとあなたの心は疲れているはず。

治療を求めているはずです。

 

1日も早く適切な病院へ行って、心を体を休ませながら治療をしましょう。

それが回復への近道です。

 

f:id:yukimisou:20170214175554j:plain

 

 

ここでお知らせがあります。

うつに関心のある方のお役に立ちたいという熱意で毎日更新してきたこのブログですが、都合により継続が難しくなってしまいました。

 

不定期に続けることも考えましたが、いつ更新できるかわからないので、またきちんと書くことができるようになるまで、しばらくお休みすることにしました。

 

毎日読みに来てくださった皆様、☆をつけてくださる皆様、いつも本当にありがとうございます。

 

また継続的に更新ができるようになったら、その時は、また読みに来ていただけると嬉しいです。

今までありがとうございました。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。

 

ゆきみそう

f:id:yukimisou:20170214174306j:plain