読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

食生活でストレスに強くなる

うつ病の治し方 豆知識

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

ストレスに強くなる方法はいろいろあります。

 

今回は、食事でストレスに強くなる方法をご紹介します。

 

まず大切なのは、朝食をしっかりとること。

朝の食事は、体温を上昇させ、交感神経が活発化するので脳や身体を活発にしてくれます。

 

ついつい夕食をしっかり食べてしまいがちですよね。

でも、夕食の後は、お風呂に入って寝るだけの人も多いはず。

 

夕飯は量を食べるのではなく質を高めて、自分が満足できる食事を目指しましょう。

 

ちなみに夕食は、寝る2時間前までに食べるようにしましょう。

食べてすぐに寝てしまうのは、消化できずに寝ることになってしまうので、寝つきが悪くなったり、肥満の原因になってしまうこともあります。

 

また、食事をするときの気分も大切です。

リラックスして楽しみながら摂る食事は、よりおいしく感じられることでしょう。

 

ゆっくり噛んで食事をすることで、唾液がしっかり出て味覚が敏感になりますし、胃の消化も活発になります。

 

おすすめ食材

・カルシウム➡神経の興奮を抑えて、イライラを解消する効果

       (豆腐、チーズ、ヨーグルト、ひじき、牛乳など)

 

・ミネラル➡生理作用を調整するのに必要な要素

      (海藻類、玄米、寒天、きなこ、アーモンドなど)

 

・タンパク質➡良質のたんぱく質は、脳内の神経伝達物質の材料に

       (肉類、卵、納豆、牛乳など)

 

DHA➡脳内の情報伝達をスムーズにする効果

    (あじ、まぐろ、さば、うなぎなど)

 

・ビタミンC➡ストレスへの抵抗力を高める効果

       (ブロッコリー、いちご、オレンジ、キウイ、じゃがいもなど)

 

食事は漢方にもつながります。

また後日、漢方の記事で食事のことについて触れたいと思います。

 

栄養のある食事でしっかりと脳を働かせて、張りある毎日を送りたいものですね。

 


ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にメッセージお寄せください^^