読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

ストレスとうまく付き合う:今までの人間関係を見直してみる

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

うつ病になる人は、ストレスを上手に発散することができない人が多いです。

あなたもそうではありませんか?

 

私もそうでした。

 

そして、ストレスで大きな原因になりやすいのが「人間関係」です。

 

うつ病になる人は細かいことが気になります。

他人の評価が気になります。

悪く思われないために、周りに気を使って生きています。

 

・こんなこと言ったら嫌われるかも

・相手にされなくなったらどうしよう

・私はこう思うんだけど、雰囲気を壊すと嫌だから言えない

 

言いたいことが言えないと、ストレスが溜まります。

そしてそれを抱え込んでしまいます。

 

人の価値観は、それぞれです。

分かり合いたくても、理解しあえない人はたくさんいます。

 

相性の悪い人に、無理に合わせるのはやめましょう。

 

自分と違う価値観を押し付けられたら、嫌ですよね。

人にされたらいやなことは自分もしないことです。

 

気が合わない人とは、距離を置いて付き合えばいいのです。

そういう場合は相手の良い点を見つけて、そこを見て付き合うようにしましょう。

 

ついつい欠点、嫌なところが目についてしまいます。

でも、そこで「あの人は嫌な人」というレッテルを貼ってしまうと、合うだけでストレスになってしまいます。

それは、あなたのためにも良くありません。

 

苦手な人にも良いところはあるはず。

そこを見つけて上手に付き合っていきましょう。

 

良い人間関係作るポイント

・相手の良い点を見つけ、褒めるようにする

・自分の良い点も見つけ、自分ができない人だと思わないようにする

・できないことや、嫌なことは、勇気をもって断る

・体調管理に気を配り、人に対して機嫌よく接することができるよう心がける

・挑発的な言葉、攻撃的な言葉は受け流す

・悪いことが起こった時、他人のせいにしない

 

私は自分の気持ちを上げるために、引き寄せの法則や片付け、断捨離を学びました。

 

引き寄せの法則にありました。

「自分の身の回りに起こっていることは、すべて自分が招いていること」

 

つまり、自分を磨けば、いつかは理想の自分(元気で明るい人など)になれるということです。

そして、そんなあなたには、それなりの人間関係が築けます。

 

違うと思われる方もいらっしゃると思いますが、

私はそう思っています。

 

このブログも、いつかどなたかのお役に立つことを信じて続けています。

これからも続けていくつもりです。

 

私は「言葉にしないと伝わらない」ということを、うつ病になって嫌というほど経験しました。

 

「言葉にして伝えることで、今を変えることができる」ことも経験しました。

 

この経験は、社会復帰することにも役に立ちます。

少しずつ社会に戻っていく過程の中で、学ぶこともたくさんあります。

その1つとして、言葉を上手に使ってあなたの気持ちを周囲の人に上手に伝えていきましょう。

 

あなたにも、辛い今を変えるために、まず自分を変えてみてほしいと思います。

そのためにこのブログがお役に立てると幸いです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にメッセージお寄せください^^