読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病の薬を飲むときの注意事項

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

うつ病になると、治療のために薬に頼らざるを得ません。

 

でも、脳に作用する薬は飲むのに不安を持つ人も多いです。

私もその1人でした。

 

・ずっと薬を飲み続けることになるんじゃないか

・依存症になってしまうのではないか

 

そう思っていました。

 

しかし、医師に処方された薬は、きちんと指示通りに飲んで入れば、脳に悪い影響を及ぼしたり、依存症になることはありません。

 

先生の言葉と指示を信じて、必要な時期はきちんと薬を服用するようにしましょう。

 

自己判断で減らしたり辞めてしまったりするのは危険です。

 

薬は一定の血中濃度を保つことではじめて効果を発揮します。

きちんと飲まないと、効果のある薬であってもその効果を十分に発揮できません。

 

薬を服用するときに注意すること

・もし不安がある時は、きちんと先生に相談する

・薬は、指示された量をきちんと飲む

・症状が改善しても、勝手に服用をやめない

・なかなか良くならないからと言って、勝手に量を増やしたりしない

・もし薬を飲んだ後に「副作用かも?」と思われる症状が出たときは、すぐ先生に相談する

 

そのためにも、以前にも触れましたが、信頼できる先生を見つけることが大切です。

 

先生の言うとおりにきちんと薬を飲んで症状を抑え、良くなってきたら先生に相談しながら、少しずつ薬を減らしていきましょう。

 

時間がかかってもきちんと治すことが大切です。

あせらずじっくり自分と向き合って治すことが大切です。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^