読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

女性特有のうつ病:更年期うつ病

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

前回は、私も経験した産後うつについてお伝えしました。

もう1つ、女性に多いと言われる「更年期うつ病」について今回はお伝えしたいと思います。

 

女性が閉経を迎える更年期。

大体45歳~55歳くらいまでの10年間のことを指すようです。

 

この期間は、体内の女性ホルモンの分泌が大幅に減少すると言われています。

出産と時と同じですね。

 

この結果、

肩こり、

のぼせ、

動悸、

めまい、

などのいわゆる「更年期障害」が起こります。

 

この時期は、人生の中でも大きな転機を迎える人が多いのも特長のようです。

 

例えば、

・子供が独立して家を出てしまったことによる喪失感

・先行きの老後の不安

・介護などの心労

・閉経を迎え、「女性でなくなる」ことへの漠然とした不安

 

こういった状況を迎え、心理的ストレスが大きくなると、うつを発症しやすくなるそうです。

 

症状の軽い場合は、更年期障害に対応するホルモン治療で、症状が改善される場合もあるようですが、精神症状が強く、ホルモン治療では効果が得られない場合は、うつ病の治療が必要になります。

 

自分の状況の変化に心が対応できなくなってきたとき、ストレスが大きくて体に症状が現れてきたときは、早めに治療をはじめるようにしましょう。

 

「みんななるから」

「私だけじゃないから」

そう思って、やり過ごそうとする人も多いです。

 

でも、治療が必要なケースがあるということを覚えていていください。

適切な治療を受けることで、辛い更年期の症状を少しでも和らげましょう。

 

更年期は女性なら誰でも経験するでしょう。

でも、あなたの症状はあなただけのものです。

 

誰もあなたの代わりにはなれません。

あなたの体はあなただけのものです。

 

少しでも快適に生活を送れるように、治療するという手段もあるということを心にとめておいていただけると嬉しいです。

 

個人的には、漢方治療もおすすめしたいです。

漢方は、体のバランスを整える治療です。

体のバランスが整えば、楽になりますし、免疫力もつくので風邪などもひきにくくなります。

 

漢方外来や、信頼できる漢方薬局があったら、1度相談に行ってみてくださいね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^