読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病の症状について:「死」を身近に考えるようになる

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

私もそうでしたが、うつ病になると「死」をとても身近なものとして考えるようになります。

 

私も生まれたばかりの赤ちゃんがいるのに、「消えてしまいたい」「私なんていなければ」といつも考えていました。

 

そのたびに、

「今私がいなくなったら、この子はどうなるの?」

「私のせいで夫や母が辛く大変な思いをしてしまうのでは?」

と思い、死んではいけない、と毎日のように思いなおしていました。

 

うつ病の人は、自分を責める傾向がとても強く、自分なんて死んでしまった方がいいと、自殺を考える人が多くいるといいます。

 

いくら病気でも「自殺はいけない」「命を粗末にしてはいけない」ということは、分かっているんです。

 

それでも、「消えてしまいたい」「死んでしまいたい」と思う気持ちに囚われて、抜け出せなくなってしまうのです。

 

私もその板挟みにとても苦しみました。

 

生きてください。

 

生きていれば、治療ができます。

元気になれます。

家族の笑顔を見ることができます。

もちろん、あなたも笑顔になれます。

 

自分を責めることがあるかもしれません。

不安でイライラすることがあるかもしれません。

将来に希望が持てないことがあるかもしれません。

今、強いストレスの中にいるのかもしれません。

 

でも、生きてください。

 

生きることで希望が持てます。

ただ生きているだけでいいんです。

あなたがそこにいることが大切なんです。

あなたがあなたらしく生きるために、絶対に死を選ばないでください。

 

私が心療内科で初診の時、先生に言われました。

「こういう症状の人には皆さんに聞いています。いっそ赤ちゃんと一緒に…(死んでしまおう)と考えたことはありませんか?」

 

私の答えは

「それはありません。」

でした。

 

自分だけが消えることはあっても、赤ちゃんと一緒になんて思ってもみなかったからです。

 

でもそう自分の言葉で答えたことで、私は「死んじゃいけないんだ」「死んだら赤ちゃんに会えなくなるんだ」と強く自分の中で意識できました。

 

あなたがいなくなったら、絶対に悲しむ人がいます。

「私は死なない」と口に出して言ってみてください。

自分に自分の言葉を聞かせてあげてください。

 

自らを己を消し去ろうとしないでください。

それは、悲しみ以外の何も生み出しません。

 

今は苦しくても、時間が味方をしてくれます。

先生も、薬もあなたを助けてくれます。

家族や友人、話し相手がいるなら相談しましょう。

 

あなたは1人ではありません。

 

その孤独感から1日も早く解放されますように。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^