読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病の症状について:表情が出なくなる

うつ病の症状

おはようございます。

ゆきみそうです。

 

うつ病になると、自分が自分でなくなったみたいに、楽しかったことが楽しくなくなります。

 

好きなことにも興味を持てず、まったくやる気が起きません。

 

自然と顔からも笑顔が消えて、ぼーっとしたような無表情になってしまいます。

 

私も良く笑う性格だったはずなのに、いつもうつむいてめそめそし、楽しいこともなく、笑うこともありませんでした。

顔色も悪く、いつも無表情でした。

今思うと、周りから見たら怖かっただろうなと思います。

 

親しい人と買い物や食事に出かけても楽しくなく、何もかもがつまらない、楽しくないと感じられて、生活に張りがなくなっていきます。

 

そのむなしさから、余計にやる気を失っていくのです。

 

私の場合は、可愛いはずの赤ちゃんが可愛いと思えなかったり、育児が辛かったり、こんな私のところに生まれてきて、この子は幸せなんだろうか、と毎日のように考えていました。

 

自分自身にも無関心になり、お化粧をしなくなったり、洋服に気を遣わなくなったり、髪の毛の手入れをしなくなったりと、自分がきちんとしていないことに対して、なんとも思わなくなってしまうのです。

 

そんな状態から抜け出すためにも、治療が必要です。

病院で治療して、もとの自分を取り戻しましょう。

 

自分の好きなことをする、

美味しいものを美味しいと思える、

やりたいことがあって、それを楽しむことができる、

それらはとても素晴らしいことです。

 

1日も早くそんな日があなたに来ることを祈っています。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^