読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

私とうつと漢方薬:睡眠薬を断薬してみて

こんばんは。

ゆきみそうです。

 

うつ病の症状の一つに、睡眠障害があります。

 

睡眠障害には、入眠障害中途覚醒早朝覚醒があります。

 

なかなか眠れず、眠れたかと思えば暗いうちに目が覚めてしまう。

時計を見れば、まだ午前3時・・・

 

眠らなければ、眠れない・・・この繰り返しです。

私が起きてしまうと子供もつられて起きてしまうので、布団から出ることもできない。

 

頭の中には不安がよぎり、だんだん空が明るくなってくると

「あぁ、また1日が始まってしまった・・・」

と、絶望感に襲われる毎日。

 

ひどいときは、夜の部屋の豆電球の明かりさえ眩しくて眠れず、真っ暗にしないと眠りにつけませんでした。

 

子どもが眠った後にそっと電気を消して布団にもぐっていました。

 

昼間に横になる時は、つま先から頭の先まで2枚も3枚も毛布をかぶり、クッションを顔にあてて目隠しをしたり、アイマスクをしたりしていました。

 

そんな私でも、治療のおかげで睡眠薬を断薬できました。

 

時間をかければ、希望を持てれば、断薬は可能です。

そのためには、信頼できる病院、先生をみつけましょう。

 

私は何でも相談できる心療内科と、漢方薬局の先生に出会うことで、断薬をすることができました。

 

あなたにもできると思います。

私にできたのですから。

 

うつは人生の休養と考えましょう、と本でも読みました。

うつになることで学んだこともたくさんあります。

 

今思うと、なるべくしてなったのかもしれない。

そして、治るべき時が来たから治ったのだろうと思います。

 

睡眠薬を断薬できて、あとはサインバルタを断薬すれば、西洋薬は卒業というところまできました。

 

漢方薬はずっと続けていました。

この漢方薬のおかげで、断薬しても強い副作用などが出なかったのだろうと思っています。

 

漢方薬のおかげで、身体の力(生きる力というのでしょうか)がだいぶついた気がします。

気力が少しずつ充実してきたイメージです。

気力と体力を充電し、休んで、食べて、生活してきました。

 

いよいよ次で、西洋薬を断薬します。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^