読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

私とうつと漢方薬:より良い環境を求めて転院へ

私とうつと漢方薬

こんにちは。

ゆきみそうです。

 

マタニティクリニックの心療内科で色々とお世話になり、だいぶ良くなってきて症状も落ち着いていきました。

 

しかし、やっぱり薬を飲んでいるから、以前のように元気に過ごせるわけではありません。

 

・朝も10時以降にしか起きられない

・食事がのどを通らない(お腹が空かない)

・体が重く、しんどさが抜けない(前よりはまし、という感じです)

・吐き気が止まらない

・めまい

・ぐっすり眠れない

・体力が回復せず、夕方には寝込んでしまう

 

こんな生活が続いていたので、私は漢方薬局に通うことにしました。

 

すぐには効果が現れることはありませんでしたが、徐々に効いてくるからという言葉を信じて飲み続けていると、気が付くと身体が少し軽く感じたり、お腹がすくようになっていきました。

 

このことから、私の中で漢方薬への信頼が高まっていきました。

 

また、心療内科では予約しても2時間待ちであたりまえ。

診察がやっと始まっても、あまり先生は私の顔を見てくれずパソコンを向いたままで、5分くらい話をして、いつも「様子を見ましょう」と薬を出されるだけでした。

 

(患者さんが多いので時間がずれるのはわかるのですが、1番最初のはずの9時予約の方が9時半過ぎても呼ばれなくて、怒って帰ってしまうのを何度か見かけたこともありました)

 

一方で、漢方薬局は5分前についてもすぐに診察が始まり、1時間しっかり話を聞いてもらえました。

 

そんなことも続いて、もっとちゃんと話を聞いてくれる心療内科に通いたい、という気持ちが大きくなりました。

 

 

そこで、新しい病院探しを始めました。

条件は

・子供を預かってもらう実家から通いやすいこと

・女性の先生が診てくださること

 

 

いくつか探した中で、実家からバスで1本、バス停は病院の目の前という立地条件で、女性専門の完全予約制、女性の先生が診てくださる心療内科を見つけました。

 

 

電話してみると

「できれば紹介状を持ってから来てください。今の先生にお願いすれば、すぐに書いてくれるはずですよ。」

と言われました。

 

そこで、今通っている心療内科の先生に「紹介状を書いてほしい」とお願いしました。

 

その時の先生の様子が忘れられません。

 

「どうして?なにがあったの?次はどこに通いたいの?何が不満?ちゃんと良くなってきているでしょう?どうして?」

 

と、矢継ぎ早にきつい口調で質問され、ひどく先生の機嫌が悪くなってしまったのです。

 

「紹介状を書くということは、もうこの病院には通わないということだよ。治療が完了したという扱いになるからね。もし次の病院が合わなくて戻ってこられても、うちでは診れませんよ。それでもいいんですね?」

 

そういわれて、ひどく動揺したのを覚えています。

 

いつもの温厚な先生が豹変したのも怖くてパニックになっていましたが、それでも私はお願いしました。

 

今思えば、そこで引き下がらなくて本当に良かったと思います。

 

そこまで言われた先生に今後も治療をお願いするなんて、絶対できないと思うからです。

もう、先生との信頼関係も壊れてしまったように感じましたし、私の先生に対する信頼感もすっかり薄れてしまいました。

 

先生は「すぐには書けないから、1週間後に来てください」と言われて、1週間後に診察の予約を入れました。

 

1週間後の受け取りの時が最後の診察になると思ったので、きちんと今までのお礼を先生に伝えようと思ったのですが、診察の予約をしたのに、受付で封筒を渡されておしまいでした。

 

次の病院も始まっていなくて不安もあるのに、なんだか突き放されたように感じて辛かったです。

 

※私の個人的な経験談です。全ての病院がこうだというわけではないと思いますので、ご注意ください※

 

そして、その時にもらった封筒をもって、次の病院に予約を入れました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。