読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病かもしれないと思ったら

こんばんは。

ゆきみそうです。

 

うつ病は、誰でもかかる可能性のある病気です。

風邪と同じです。

 

ただ、病院の診療科目が違うだけです。

 

うつ病には、躁状態うつ状態を繰り返す「双極性障害躁うつ病)」があります。

 

躁状態になると、気分が高揚し、興奮気味になり、じっとしてはいられない状態になります。気分が高ぶって眠ることもできません。また、考えがまとまらず集中力も欠ける傾向にあります。

 

一方で、うつ状態になるとなにもできない、何もしたくない、意欲がわかない、眠れない、または眠りすぎる、食欲もわかない、思考が極端にマイナス思考になって自分を責めたり、自傷行為に走ることもあります。

 

この2種類の状態が交互に現れることを、双極性障害と言います。

 

タイミングも人によってばらばらで、うつ病だと思っていたら数年後に躁状態が訪れる人もいます。

 

こんな病気ですから、早めに治療が必要です。

 

治療には薬物療法が一般的です。

興奮を抑えたり、一方で不安を抑えたりする薬、気持ちを安定させる薬や必要であれば睡眠薬を処方してもらって、治療します。

 

いつもと違う自分に気づいたら、もしくは近くにいる人の様子がいつもと違うと感じたら、早めに受診してください。

 

本人が気づかず、周りの人が気づくことで治療できる場合もあります。

家族や親しい人の様子が変わってしまったら、もしかして、と話を聞いてあげてください。

 

いち早く気づいて、治療を始めることが大切です。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

今日のこの1日があなたにとって少しでも良い日になりますように。


何か聞いてみたいことはありませんか?

私の経験でお役に立てるなら、お話したいと思っています。

 

お気軽にコメントお寄せください^^