うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

うつ病の人にかける言葉①

こんにちは。 ゆきみそうです。 よく、うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけないといいます。 これは本当のことです。 今回は、うつ病の人にかけてもいい言葉、かけてはいけない言葉をご紹介します。 落ち込んでいる人を見ると、 「元気を出して」 「がん…

うつ病の人に対する家族の対応

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病になると、本人だけでなく、家族や周りの人たちの生活にも影響が出ることがあります。 うつ病のことを理解してもらえないことほど、辛いことはありません。 私も最初はなかなか理解してもらえず、苦しみました。 「休め…

うつからの回復までの道のり②

こんにちは。 ゆきみそうです。 昨日は、回復の途中「寛解(かんかい)」についてお伝えしました。 そのあとの治療についてお話ししたいと思います。 寛解のあと、安定した状態が続いていても、服薬や精神療法は引き続き続けていきます。 「回復」というのは…

うつからの回復までの道のり①

こんにちは。 ゆきみそうです。 どんな病気でもそうですが、患うと、元気な自分に早く戻りたくなりますよね。 でも焦りは禁物。 きちんと治療して、時間をかけて休養することが大切です。 うつ病も同じです。 多くの人は、治療開始から数週間で、目立つ症状…

うつ病は薬だけの治療ではありません

こんにちは。 ゆきみそうです。 今まで薬のことをいろいろお話してきました。 特に、副作用などについて、知っておいてほしいことについてお話してきました。 当然ですが、治療は薬だけで行うものではありません。 信頼のできる医師がいて初めて治療はスター…

うつ病の治療で抗うつ剤以外に使われる薬

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病の治療には、薬の力を借りることが多いです。 抗うつ剤を使うのはもちろんですが、抗うつ剤は効き目が表れるのに1週間ほど時間がかかることがあります。 そんな時、抗うつ薬と併用して他の薬を使うことがあります。 不…

抗うつ薬はこんな風に処方されます

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病の治療に、薬の力は欠かせないもの。 信頼できる先生に、全てを話して、あなたを助けてくれる薬を処方してもらいましょう。 抗うつ薬を処方するとき、先生はあなたが一定期間飲み続けても副作用が少なく、症状を改善さ…

うつ病の豆知識:抗うつ薬の副作用について

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病の治療には、通院と薬が欠かせません。 しかし、1つ知っておいてほしいことがあります。 それは、副作用についてです。 抗うつ薬の多くは、その薬の効果が出るまでに時間がかかります。 効果が出るより、副作用のほうが…

うつ病の薬を飲むときの注意事項

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病になると、治療のために薬に頼らざるを得ません。 でも、脳に作用する薬は飲むのに不安を持つ人も多いです。 私もその1人でした。 ・ずっと薬を飲み続けることになるんじゃないか ・依存症になってしまうのではないか …

うつ病に必要なのは休養です

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病になると、まず「休養をしっかりとるように」と言われます。 ストレスになっていることから離れて、心と体をゆっくり休ませることが大切なのです。 オーバーヒートしてしまった脳を休ませるためにも、休息は大切です。 …

うつ病の豆知識:治療が必要であることを理解しましょう

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病は、専門的な治療が必要な病気です。 最近では、うつ病に対しての理解も深まってきましたので、「うつ病」と診断されてもショックを受けることは少なくなってきたと言います。 心の中で「もしかして、うつかも」と思っ…

うつ病の豆知識:信頼できる先生の見分け方

おはようございます。 ゆきみそうです。 うつ病は心の病です。 治すには、先生との信頼関係がとても重要です。 先生に不信感を持ったままでは、治療効果も期待できません。 信頼できる先生を見つけて、より早い回復をめざしましょう。 うつ病の治療には、半…

うつ病の豆知識:うつ病は精神科?心療内科?

こんにちは。 ゆきみそうです。 前回は、病院の選び方についてお話しました。 一番大切なのは、あなたが元気になるために、通いやすい病院を選ぶこと。 車の運転が必要だったり、 待ち時間が長かったり、 交通の便が悪かったり、 こんな病院だと通いやすいと…

うつ病の豆知識:病院選びのポイント

おはようございます。 ゆきみそうです。 みなさんは、病院を選ぶときどんな基準で選んでいますか? 勤め先や学校の近く? 駅の近く? 自宅の近く? 駐車場の広いところ? 個人病院? 総合病院? いろいろあると思います。 内科などの一般的な診療をしている…

女性特有のうつ病:更年期うつ病

こんにちは。 ゆきみそうです。 前回は、私も経験した産後うつについてお伝えしました。 もう1つ、女性に多いと言われる「更年期うつ病」について今回はお伝えしたいと思います。 女性が閉経を迎える更年期。 大体45歳~55歳くらいまでの10年間のことを指す…

女性特有のうつ病:産後うつ

おはようございます。 ゆきみそうです。 読者さまが50人を超えました。 アクセスも1000アクセスを超え、嬉しい限りです。 今後も、うつのこと、漢方のこと、私の体験、学んだことを少しずつつづっていきたいと思っています。 うつの治療に漢方を使って治った…

うつ病の症状について:「死」を身近に考えるようになる

こんにちは。 ゆきみそうです。 私もそうでしたが、うつ病になると「死」をとても身近なものとして考えるようになります。 私も生まれたばかりの赤ちゃんがいるのに、「消えてしまいたい」「私なんていなければ」といつも考えていました。 そのたびに、 「今…

うつ病の症状について:疲労感が強く、意欲がわかない

おはようございます。 ゆきみそうです。 お正月、いかがおすごしですか? 私は夫の実家に年末から泊まりに行き、年が明けて帰ってきたら、今度は自分の実家に挨拶に行って終わってしまいます。 私がうつになったことは夫と自分の母しか知らなかったので、う…

うつ病の症状について:食欲がなくなる

こんにちは。 ゆきみそうです。 体験談をかいつまんでお話しさせていただいて、もう少し詳しくうつ病の症状についてお伝えしたほうがいいかと思い、体験談も交えて少しずつ記事を書いております。 今日は、食欲の減退についてです。 うつ病になると、 ・何を…

うつ病の症状について:表情が出なくなる

おはようございます。 ゆきみそうです。 うつ病になると、自分が自分でなくなったみたいに、楽しかったことが楽しくなくなります。 好きなことにも興味を持てず、まったくやる気が起きません。 自然と顔からも笑顔が消えて、ぼーっとしたような無表情になっ…

うつ病の症状について:朝が辛い

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病というのは、憂鬱な気分が、通常のレベルを超えてしまう状態のことです。 このサインとして「ため息」があります。 憂鬱な気持ち、押しつぶされそうな不安、孤独感などが、ため息として体の外に出てくるのです。 最近た…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 昨年末から始めたブログですが、読者さまも増えて嬉しい限りです。 今年も、うつについて、漢方について、私の経験を交えて、治療の中で学んだことをお伝えしていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 今…

うつ病は身体にも症状が現れます

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病は、心だけでなく身体にも影響を及ぼします。 うつ病に伴う主な症状は ・頭痛、頭が重たく感じる ・首や肩がこる ・胸が痛い ・食欲がなく、何を食べても味がしない ・お通じがいつもと違う(便秘や下痢を繰り返すなど…

うつ病とストレスの関係

おはようございます。 ゆきみそうです。 うつ病になりやすいのはどんな人なのか、昨日もお話ししましたが今日はもう少し詳しくお話ししたいと思います。 あなたはこんなタイプではありませんか? ・几帳面で、責任感が強く、仕事熱心 ・秩序やルールを重んじ…

うつ病は誤解されやすい病気です

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病になりやすい人、なりにくい人がいます。 現代はストレスも多く、うつ病になる人は増え続けているそうです。 では、どんな人がうつ病になりやすいのでしょうか。 生真面目で、責任感が強く、頑張り屋のタイプの人は、自…

私とうつと漢方薬:漢方薬をやめました

おはようございます。 ゆきみそうです。 西洋薬の断薬に成功し、残すは漢方薬のみとなりました。 ここまで順調に来れたのは、漢方薬のおかげだと思っています。 漢方薬は、私も持っている自然治癒の能力を高め、心身ともに健康な状態になることを目的に調合…

私とうつと漢方薬:サインバルタをやめてみました

こんばんは ゆきみそうです。 前回はお恥ずかしい話を暴露してしまいました。 しかし、不安のあまり何かにすがりたいと思ってしまい、依存症になる人は多いと言います。 これはうつに限ったことではないかもしれませんね。 私は睡眠薬をお守りとして持つこと…

私とうつと漢方薬:うつの治療中、買い物依存に

こんにちは。 ゆきみそうです。 皆さんは、何かに夢中になった経験はありますか? 大好きなことはありますか? 趣味の範囲で、生活に潤いを与えてくれるものは「よい依存」と言えますね。 でも、そのことで頭がいっぱいになり、他のことを考えられなくなって…

私とうつと漢方薬:睡眠薬の断薬のお守り

おはようございます。 ゆきみそうです。 私は睡眠薬の断薬に成功しました。 でも、もともと不安症な私。 心療内科の先生に、 「薬がなくても眠れるようになったけれど、でもまた急に眠れなくなるかと思うと不安です」 と打ち明けました。 すると、先生は 「…

私とうつと漢方薬:睡眠薬を断薬してみて

こんばんは。 ゆきみそうです。 うつ病の症状の一つに、睡眠障害があります。 睡眠障害には、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒があります。 なかなか眠れず、眠れたかと思えば暗いうちに目が覚めてしまう。 時計を見れば、まだ午前3時・・・ 眠らなければ、眠れ…

私とうつと漢方薬:睡眠薬の断薬に向けて

こんにちは。 ゆきみそうです。 いよいよ年の瀬も迫ってきましたね。 クリスマスが終わったら、一気に年末モードです。 やることがたくさんありますね。 このブログでは、私のうつの体験をもとに、西洋薬と漢方薬を併用することで、断薬に成功した経験談や、…

私とうつと漢方薬:減薬に向けての治療を始めました

こんばんは。 ゆきみそうです。 赤ちゃんが産まれて半年たったくらいから、本格的に減薬に向けての治療を開始しました。 だんだん生活リズムにも慣れてきて、気持ちに余裕も出てきたからです。 早寝早起き、食事もなるべくきちんととるようにして、体力のな…

私とうつと漢方薬:うつと育児と新しい生活へ

おはようございます。 ゆきみそうです。 読者の方もたくさん増えて来てくださり、嬉しい限りです。 本当にありがとうございます。 つたないブログですが、これからもお付き合いいただけると嬉しいです。 里帰りが終わり、家に戻った私たちの新しい生活が始ま…

私とうつと漢方薬:うつを抱えて新しい命を迎えました

こんにちは。 ゆきみそうです。 私は産後うつから、うつ病になりました。 もともと、うつ病になりやすいタイプだったのかもしれません。 真面目で我慢強く、責任感も強い性格。 ストレスと上手に発散させる方法を知らなくて、ため込んでしまってはお腹が痛く…

私とうつと漢方薬:治療しながらの妊婦生活、出産へ

おはようございます。 ゆきみそうです。 うつの薬を飲みながら、漢方薬も飲みながら、妊娠生活を送りました。 妊娠8ヶ月頃になると、1人目の子の赤ちゃん返りが始まってしまったので、手を焼きました。 これも成長の証なんだと、今のうちにたくさん甘やかし…

私とうつと漢方薬:妊娠中の治療

こんばんは。 ゆきみそうです。 無事に妊娠し、うつ病を抱えたままで赤ちゃんを産む決意をした私。 本当はうつを治してからにしたかったけれど、こういう結果になりました。 それでも少し前に進めた気がしました。 応援してくれる家族も先生方も親友もいます…

私とうつと漢方薬:うつを抱えたまま産婦人科へ

こんにちは。 ゆきみそうです。 漢方薬と西洋薬の併用をはじめ、漢方のおかげで食事もできるようになり、体重も少しずつ戻って、身体も今までよりは自由に動くようになってきました。 元気と言えるほどではありませんでしたが、1日中ぐったりして起き上がる…

私とうつと漢方薬:西洋薬と漢方薬して次のステップへ

こんばんは。 ゆきみそうです。 このブログでは、うつ病に漢方薬を取り入れることで断薬できることを、私の経験からご紹介しています。 こういう治療で治った人もいる、治療方法の1つとしてご紹介しています。 私の経験がどなたかのお役に立てれば、こんなに…

私とうつと漢方薬:新しい病院での治療が始まりました

こんにちは。 ゆきみそうです。 前の病院での紹介状の封筒をもって、私は新しい病院での治療をスタートしました。 はじめて病院にかかった時は、「誰でもいいから助けて!」と、すがる思いで心療内科にかかりました。 でも、治療が進むにつれて症状も落ち着…

私とうつと漢方薬:より良い環境を求めて転院へ

こんにちは。 ゆきみそうです。 マタニティクリニックの心療内科で色々とお世話になり、だいぶ良くなってきて症状も落ち着いていきました。 しかし、やっぱり薬を飲んでいるから、以前のように元気に過ごせるわけではありません。 ・朝も10時以降にしか起き…

私とうつと漢方薬:漢方治療の経過

こんばんは。 ゆきみそうです。 漢方治療をはじめて、心療内科の漢方薬は飲まなくなりました。 でもそれを心療内科の先生に言えず、そのことが胸につかえていました。 1か月に1度、心療内科へ。 2週間に1度、漢方薬局へ。 心療内科ではいつも「さて、最近は…

私とうつと漢方薬:漢方との出会い

こんにちは。 ゆきみそうです。 いよいよ漢方治療のスタートです。 母に紹介された薬局に電話をしてみたら「明日にでもどうぞ」と言われたので、幼い息子を連れて漢方薬局を訪れました。 母は「松寿仙(しょうじゅせん)」という液体の薬をよく買っていまし…

私とうつと漢方薬:治療をはじめて

こんばんは。 ゆきみそうです。 治療が始まって、最初のうちは2週間に1度通い、症状の変化や薬があっているかをみていきました。 その時に漢方薬も処方されていました。 それは、ツムラの16番「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」です。 精神状態が不安定な…

私とうつと漢方薬:治療経過①

こんばんは。 ゆきみそうです。 治療が始まって、最初のうちは2週間に1度通い、症状の変化や薬があっているかをみていきました。 その時に漢方薬も処方されていました。 それは、ツムラの16番「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」です。 精神状態が不安定な…

私とうつと漢方薬:心療内科で治療がはじまりました

こんばんは。 ゆきみそうです。 前回の続きです。 予約の電話から1か月…。 長い1ヶ月でした。 ようやく病院に行く日がやってきました。 その時すでに私は限界でした。 体力も気力も使い果たし、最後の希望を求めて病院に向かいました。 ただ、ここに行けば「…

私とうつと漢方薬:うつの症状と治療への決心

こんにちは。 ゆきみそうです。 前回の続きです。 心療内科に電話するのはとてもハードルの高い作業でした。 信頼する保健士さんに勧められたものの、3日ほど迷いました。 そのうえで、心療内科にかかれば、きっといい薬を出してもらえて楽になれるはず!そ…

私とうつと漢方薬:うつになった理由②

おはようございます。 ゆきみそうです。 前回の続きです。 里帰りから戻ったあの日… 私はいつものように息子のお世話をしていました。 その日は夫もいたので、家の掃除や洗濯などをバタバタとこなし、母のありがたみを実感していました。 その日の夜のことで…

私とうつと漢方薬:うつになった理由①

こんばんは。 ゆきみそうです。 今回は、私がどうしてうつになったのかお話ししたいと思います。 私はもともと真面目で我慢強い性格でした。 我慢しすぎてお腹が痛くなることもしょっちゅうで、胃腸も弱い方でした。 それは今でもあまり変わりません*1 紹介…

漢方がおすすめの理由

こんばんは。 ゆきみそうです。 具合が悪いとき、病院に行きますよね。 でも、病院に行くまでもないけれど調子が悪い時ってありませんか? ・ちょっとだるい ・冷え性 ・胃腸の調子がよくない ・月経前症候群 など、病院に行くまでではないけれど、辛い症状…

漢方薬の基礎知識:漢方って保険は効くの?

おはようございます。 ゆきみそうです。 私が漢方を処方されていた時、心療内科で処方された薬については保険がききました。 しかし、漢方薬局で処方された薬については保険がききませんでした。 いわゆる自由診療というものですね。 全部実費、自己負担です…