うつの症状に漢方をおすすめする理由

自分の体験をもとに、うつから早く解放されたい人を応援するブログです

豆知識

漢方薬の基礎知識:漢方って保険は効くの?

おはようございます。 ゆきみそうです。 私が漢方を処方されていた時、心療内科で処方された薬については保険がききました。 しかし、漢方薬局で処方された薬については保険がききませんでした。 いわゆる自由診療というものですね。 全部実費、自己負担です…

漢方薬の基礎知識:副作用について

こんばんは。 ゆきみそうです。 漢方薬って怪しいんじゃない? 副作用とかあるんじゃない? って、思っていませんか? そんなあなたのために、今回は漢方薬の副作用についてお話したいと思います。 漢方薬は副作用が起きないと言われています。 赤ちゃんへの…

漢方薬の基礎知識:西洋薬との違い

こんにちは。 ゆきみそうです。 西洋薬と漢方薬の違いについて今回はお伝えしたいと思います。 簡単に言うと、西洋薬は症状そのものにアプローチします。 咳が出ているなら咳止めを、お腹を下しているなら胃腸薬を、といった感じですね。 それに対して、漢方…

漢方薬の基礎知識:「証」について

おはようございます。 ゆきみそうです。 前回は、漢方薬の治療方針についてお話ししました。 今回は、実際に治療するときに大切なことについてお話しします。 それは、「証(しょう)」と言います。 証とは、その人自身の今の状態を表します。 漢方では症状…

漢方薬の基礎知識:治療方針

こんばんは。 ゆきみそうです。 漢方ってなんなの? 効くの? 苦いんじゃないの? こんな疑問を持っている方も多いと思います。 そこで漢方の基礎知識をお伝えしたいと思います。 漢方は東洋医学です。 その基本的な考えの中に「天人合一(てんじんごういつ…

うつへの対処法:非定型うつの場合

こんにちは。 ゆきみそうです。 前回はメランコリー型うつの対処法についてお伝えしました。 今回は、非定型うつの対処法についてです。 非定型の場合も、基本的には休むことが大切です。 それと、何事にも消極的になる傾向があり、小さなことにストレスを感…

うつへの対処法:メランコリー型の場合

おはようございます。 ゆきみそうです。 今回はうつ病を患っている人への対処法をご紹介します。 私の場合は、出産、育児による睡眠不足と不安から過度にストレスが溜まってしまい、ホルモンバランスが完全に崩れてしまったことが原因でした。 まず先生から…

うつ病の種類:非定型うつ病

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病にはいろいろな種類があります。 今回は、「非定型うつ病」についてご紹介します。 非定型うつ病は ・新型うつ病 ・逃避型うつ病 ・ディスチミア型うつ病 などがあります。 特長としては ・食べ過ぎたり、眠りすぎたり…

うつ病の種類:メランコリー型うつ病

おはようございます。 ゆきみそうです。 うつ病にはいろいろな種類があります。 そのなかでも、比較的多いとされる「メランコリー型うつ病」についてご紹介します。 メランコリー型うつ病とは、親和型うつ病とも呼ばれます。 仕事に一生懸命すぎて、のめりこ…

うつになりやすい人の特徴

こんにちは。 ゆきみそうです。 世の中にはうつになりやすい人、なりにくい人がいます。 一般的に日本人はストレスをためやすく、我慢するタイプの方が多い人種なので、諸外国と比べてうつの発症率が高いようです。 うつになりやすい人の特徴は… ・真面目で…

うつ病の特徴について

おはようございます。 ゆきみそうです。 今回はうつ病の特徴についてお話ししたいと思います。 うつ病には躁うつ病があると昨日お話ししましたが、種類はそれだけではありません。 大きく分けて、「メランコリー型うつ病」「非定型うつ病」があります。 それ…

うつ病かもしれないと思ったら

こんばんは。 ゆきみそうです。 うつ病は、誰でもかかる可能性のある病気です。 風邪と同じです。 ただ、病院の診療科目が違うだけです。 うつ病には、躁状態とうつ状態を繰り返す「双極性障害(躁うつ病)」があります。 躁状態になると、気分が高揚し、興…

うつ病は誰でもかかるかもしれない病です

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病ってどういう病気がご存知ですか? 実は、日本人の15人に1人がかかると言われている、意外と身近な病気なのです。 多くの日本人は、諸外国の人よりも多くのストレスを抱えていると言われています。 仕事のストレス、育…

漢方薬の価格は安いのか?高いのか?

こんばんは。 ゆきみそうです。 漢方薬は高いイメージがありませんか? 私も最初はそうでした。 実際、私の場合は保険がきかない煎じ薬だったので、毎回2週間分で8000円ほどかかっていました。 でも、保険適用の漢方薬があることをご存知ですか? 漢方外来の…

うつ病チェックしてみませんか?

こんばんは。 ゆきみそうです。 うつ病かもしれない。 ただの疲れかもしれない。 迷っている方へ。 うつ病のチェックシートをご紹介しますので、一度やってみてください。 utsu.ne.jp チェックシートでうつ傾向にあったからと言っても、すぐには判断できませ…

漢方薬をおすすめする理由②

こんばんは。 ゆきみそうです。 1つ前の記事で、漢方をおすすめする理由を書かせていただきました。 漢方薬はその人の体だけでなく、心も軽くしてくれます。 これが2つ目のおすすめする理由です。 どういうことか分かりにくいかもしれません。 うつは心の病…

漢方薬をおすすめする理由①

こんばんは。 ゆきみそうです。 私が漢方薬をおすすめするのは、一番には体に優しい自然の生薬を使っているからです。 また、1人1人の症状や体調、体質に合わせた処方をしてもらえます。 いわゆるオーダーメイドですね。 西洋薬のように、作られた薬を組み合…

漢方薬局に行くときの準備

こんばんは。 ゆきみそうです。 はじめての病院に行くときは緊張しますよね。 何をどう伝えれば自分の状態がわかってもらえるのか、頭でしっかり考えてから行くと思います。 漢方薬局も同じです。 まずは、カウンセリングをきちんとしてくれる薬局かどうかを…

こんな症状には漢方がおすすめです

おはようございます。 ゆきみそうです。 あなたはどんな症状で悩んでいますか? うつ以外にもいろいろな症状に漢方は効きます。 西洋薬では病名がついたものに薬が処方されるので、だるい、とか冷え性、とか病名のつかない症状では薬は出してもらえませんよ…

漢方の効果を高めるには

こんばんは。 ゆきみそうです。 漢方薬は体に優しい薬ということで、うつが治ってからも私は漢方薬を愛用しております。 痛み止めなどは西洋薬を使うこともありますが、塗り薬や、胃腸薬などは漢方を使っています。 薬を飲んだら早く効いてほしい。 早く元気…

漢方薬の正しい飲み方

こんにちは。 ゆきみそうです。 漢方薬は基本的に生薬を煎じて飲みます。 粉薬として処方されたときは、白湯と一緒に飲むと良いそうです。 または、白湯に溶かして飲むことをすすめられることもありますね。 漢方薬は、空腹時に飲むのが効果的と言われていま…

漢方薬の副作用について

こんにちは。 ゆきみそうです。 西洋薬と漢方薬の飲み合わせについてお伝えします。 併用して、副作用はないの?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。 基本的に漢方薬は、その人に合っているものであれば副作用はないそうです。 その人に合ってい…

漢方薬とは

おはようございます。 ゆきみそうです。 漢方薬というとどういうイメージをお持ちですか? 薬局でも手軽に手に入る? 病院で処方されるもの? 漢方薬局で調合してもらうもの? どれも正解です。 私はこの中でも、漢方薬局で調合してもらうものが一番だと思っ…

うつ病の原因について

こんにちは。 ゆきみそうです。 うつ病の原因としては、ストレスがあげられますね。 ・精神的ストレス(職場や学校、育児など。現代の人は特に多いと言います) ・構造的ストレス(体のゆがみ、姿勢などが原因になることがあります) ・科学的ストレス(栄養…

うつ病の治療に使われる薬について

こんにちは。 ゆきみそうです。 今日はうつ病の時に使われる薬についてです。 うつ病では、一般的に薬物療法を行います。 ①抗うつ薬のみ②抗うつ薬+抗不安薬③抗うつ薬+抗不安薬+副作用を抑える薬④抗うつ薬+抗不安薬+睡眠薬⑤抗うつ薬+抗不安薬+睡眠薬+…

うつ病の症状(一般的な場合)

こんにちは。 ゆきみそうです。 昨日は、私のうつの時の初期症状について書かせていただきました。 今日は一般的なものを交えてお話ししたいと思います。 一般的にうつになると… ・全身の倦怠感(体のだるさ、何をするにもおっくうになる) ・不安感が強くな…